成功者が何げなくやっている、心に残る魔法のコミュニケーション術

仕事でもプライベートでも、初対面で人と会う時の第一印象はとても大事です。
そして、その第一印象と同じように大事なものがあります。

それは成功者が何げなくやっている、別れ際のコミニュケーションです。

例えば仕事で自分が売り込みたい商品やシステムを説明した後で、相手に上手く伝わらなかった場合などよくあります。
こんなにいい商品なのに、こんなにいいシステムなのに、なぜ理解してくれないんだろう……と落胆する事はよくあることです。

しかしたとえ相手が理解してくれなかったとしても、この人と別れる時は、お互いに気持ち良く爽やかに別れたいものです。

今回は、この何気ない別れ際で、これから成功する人を見抜いてしまう人間観察の達人に「別れ際の仕事術」を聞かせてもらったので、まとめてみました。

別れ際のコミニュケーションは美味しい料理と同じ!

料理の世界には、前味(見た目)、中味(味)、後味(食べた後の余韻)
という考え方があります。

最初の見た目が素晴らしく、出された料理の味がとても良かったとしても、食べた後の余韻を楽しむことができない時があります。

お店側の事情などで急かされたり、会計の時などにスムーズにいかなかったりした場合、せっかくのお料理の印象が台無しになってしまいます。

コミニュケーションもこれとよく似ていて、最後の締めの別れ際が相手の印象に強く刻まれ、そして余韻を残すのです。

成功者が何げなくやっている、見送り方と見送られ方

オフィシャルでの見送り方は

相手が見えなくなるまで頭を下げる。
相手が若者であろうと、老人であろうと、子供であろうと頭を下げる。
これが自然に出来る人は出世します。

お客様に礼を尽くす態度が、その人だけではなく、まわりの人の共感を呼び評価されます。

プライベートの時は、相手の姿が見えなくなるまで笑顔で見送る。

たったこれだけのことで、こちらに対する相手の印象が断然違ってきます。

今度は見送られる側ですが

仕事上でもプライベートでも、見送ってくれる相手に何度か振り返ることで、今日会えたことの感謝をさりげなく伝えます。
相手からの良い波長、良い波動をお互いが感じ、双方の運が高まっていくのです。

「また、もう一度会いたい」と思い、思わせる別れ方が大事なのです。

別れ際のコミュニケーションは、スキルなのです。

まとめ

人の心を掴むことは、自分の実力と運を加速させます。

別れ際の気配りによって、相手になごり惜しさを感じさせることが出来れば、貴方の評価、価値の株は一段と上がります。

最初の第一印象で好感を持たれ、最後の別れ際のコミニュケーションで締めくくることが出来れば、相手の心に強く良い印象を残すことができます。

意識を変えるだけで、仕事においても、プライベートにおいても、他の人との差別化が図れ、きっと大勢の人から高い評価が得られるはずです。

成功者はこれを何気なくやっています。

そして、この記事を読んでいただいた貴方に… 素晴らしい後味、いい余韻が残せれば幸いです。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする